ワクワクする伊那に!

ご報告があります。
4月20日告示・27日投票の伊那市議選にチャレンジすることを決めました。昨日、市役所記者クラブで出馬表明してきました。

僕は新聞記者として全国の地方都市を見てきましたが、こんなに可能性のある地域はほかにないと思います。これから、伊那は必ず伸びます!

伊那まち。森。アルプス。活用されていない資源は山ほどある。各地でまちづくりにかかわってきた知人が先日、「伊那は宝が多すぎてどこから手を付けたらいいかわからない」と言っていました。僕も同感です。

地方はずっと、東京などの都会へ、人材やお金を提供し続けてきました。そろそろ、それを取り戻すことを考えてもいいんじゃないかと思う。僕は社会部記者時代、過密や人間関係の希薄さから来る都会の問題点を嫌というほど見てきました。
そんな都会に、大好きな伊那のお金や人材が吸い取られているのを指をくわえて見ているのはいやだ。伊那の人たちが頑張って稼いだお金や、伊那の人たちが頑張って育てた人材は、この地域で循環させていく―という発想が、国全体のためにも大切なんだと思う。

伊那では今、お年寄りの生活を支えることや、子供たちが伸び伸びと育つための施策が、「予算がない」という理由でどんどん切り捨てられています。同じ理由で地域活性化もなかなか進まない。
でも、そんな言い訳は「もうたくさんだ」と思う。みんなでアイデアを結集して、伊那を楽しく、誰もが住みやすい地域へと盛り上げていきましょう!

近い将来、「伊那を面白くしたい」という志を持っている方々が、ざっくばらんに地域の将来像を議論する場を作れないかな、と思っています。僕のことは応援してくれなくてもいい。伊那の明るい未来のために知恵を貸してください!

(「僕のことは応援してくれなくてもいい」は本心ではありません。やせ我慢です)

★★伊那市選挙管理委員会に確認したところ、この投稿をシェアしていただくことはまったく問題ないそうです。「○○に投票しましょう」という投票依頼にならなければいいとのこと。「応援します」という自身の意思表示も問題ないそうです。差し支えなければ、どんどんシェアをお願いしたいです。
どうか、選挙への関心を高めてください(..)
よろしくお願いします!!